建設業
【処分基準は?】建設業法における監督処分の内容を解説

建設業許可を受けた建設業者が一定の不正行為等をした場合、監督処分が行われてしまうことがあります。 これは、不正行為等を未然に防止することにより、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するためです。 この記事では、監督 […]

続きを読む
建設業
【支払期日は?】建設業法における下請代金の支払いに関するルールを解説

建設工事の元請業者から下請業者への支払いが適正に行われないと、下請業者の経営が不安定になってしまいます。 また、手抜き工事や労災事故を引き起こすおそれがあり、建設業法の目的である「建設工事の適正な施工の確保」が困難になり […]

続きを読む
建設業
【著しく短い工期とは?】建設工事における工期の基準について解説

建設工事の注文者は、通常必要と認められる期間に比して著しく短い期間を工期とする請負契約を締結してはなりません。 これは、建設業従事者の長時間労働を改善し働き方改革を促進すること、工事現場における事故の発生を防止することを […]

続きを読む
建設業
【建設工事】追加工事・工期変更があった場合の注意点を解説

建設工事の請負契約は、原則として書面により締結しなければなりません。 これは工事の追加や工期の変更があった場合も同様です。 この記事では追加・変更契約を締結する際の注意点を解説していきます。 目次1 追加工事等に伴う追加 […]

続きを読む
建設業
下請業者へ見積りを依頼する際の提示内容と見積期間について解説

建設工事の元請業者が下請業者に見積りを依頼する際には、明確な内容を提示する必要があります。 見積期間についても「できるだけ早く」といったあいまいな設定をすることは許されません。 この記事では、下請業者に対する見積りの内容 […]

続きを読む
建設業
建設工事の請負契約書に記載すべき事項と契約締結の流れを解説

民法において、契約の内容は自由に決定することができ、口頭でも成立することが規定されています。 ただし、建設工事の請負契約に関しては、建設業法で内容が規定されており、書面により締結しなければならないこととされています。 こ […]

続きを読む
建設業
【一括下請負】建設工事の丸投げが禁止されている理由を解説

建設業法において、建設工事を一括して請け負わせることは禁止されています。 一括下請負に該当しないためには、建設工事を請け負った業者が、一定の役割を果たさなければなりません。 この記事では、「一括下請負の定義」と「一括下請 […]

続きを読む
建設業
【施工体制台帳】関係者への周知文書と再下請負通知書の記載事項を解説

施工体制台帳を作成すべき工事である場合には、関係者への周知が必要です。 周知の方法として、「元請業者が工事現場に掲示する方法」と「下請工事を発注した業者へ書面で通知する方法」があります。 そして、下請業者がその工事を他の […]

続きを読む
建設業
【警備会社は?】施工体制台帳記載の対象範囲と手順を解説

施工体制台帳を作成する場合、どの業者について記載するべきなのか迷われることがあるかと思います。 建設業許可を受けていない業者や警備業者なども記載するべきなのでしょうか。 この記事では、施工体制台帳の記載対象となる範囲と作 […]

続きを読む
建設業
【施工管理台帳の内容】記載事項と添付書類について解説

元請の特定建設業者は、建設工事を施工するために締結した下請契約の請負代金の額が4,500万円(建築一式工事の場合は7,000万円)以上になる場合、施工体制台帳を作成する必要があります。 これは、建設業法の目的の一つである […]

続きを読む