建設業
【積み上げとは?】経営事項審査における完成工事高(X1)について解説新着!!

経営事項審査の審査項目のうち、経営規模(X)については「完成工事高(X1)」と「自己資本額および平均利益額(X2)」に分かれています。 完成工事高(X1)は、総合評定値(P点)に占めるウエイトが25%であり、経営事項審査 […]

続きを読む
建設業
経営事項審査における経営状況分析(Y)の8指標について解説

経営事項審査は、「経営規模等評価」と「経営状況分析」に分かれています。 このうちの経営状況分析とは、建設業者を会計的な立場から審査するものです。 この記事では、経営状況分析の審査項目である8つの指標について解説していきま […]

続きを読む
建設業
【経営事項審査とは?】審査項目と申請方法について解説

公共工事の発注機関は、競争入札に参加しようとする建設業者について「客観的事項」と「発注者別評価」の審査を行います。 このうちの「客観的事項」にあたる審査が「経営事項審査」です。 建設業者が公共工事を発注者から直接請け負う […]

続きを読む
建設業
【登録基幹技能者とは?】講習受講の要件や役割を解説

基幹技能者制度は、平成8年に専門工事業団体による民間資格としてスタートしました。 これが平成20年1月の建設業法施行規則改正により、新たに「登録基幹技能者制度」として位置付けられることとなりました。 同年4月以降に国土交 […]

続きを読む
建設業
建設業法に違反した場合の罰則と監督処分について解説

建設業法に違反した場合には、罰則や監督処分の対象となることがあります。 罰則が適用され、罰金以上の刑を受けると建設業許可の欠格要件に該当してしまいます。 また、監督処分によって建設業許可を取り消されてしまうこともあるので […]

続きを読む
建設業
【解体工事業登録との違いは?】建設業許可における解体工事業について解説

平成28年6月に施工された建設業法等の一部を改正する法律において、とび・土工工事業に含まれていた解体工事が独立し、建設業許可の業種区分に、解体工事業が追加されました。 これにより、500万円以上の解体工事を請け負うために […]

続きを読む
建設業
【変更届・廃業届】建設業許可取得後の手続について解説

建設業許可の取得後、一定の変更事項等があった場合は、届出の提出をしなければなりません。 必要な届出がない場合、建設業法において罰則の規定があります。 また、建設業許可の更新などの申請が受付されなくなってしまうので、注意が […]

続きを読む
建設業
【手順を解説】建設業許可の事業承継・相続について

令和2年10月の建設業法改正により、建設業許可の承継が可能となりました。 改正前は、事業承継を行う場合、新たに建設業許可の新規申請が必要であったため、許可を受けるまでの間に空白期間が生じていました。 この記事では、空白期 […]

続きを読む
建設業
経営業務の管理責任者・専任技術者がテレワークをする際の注意点を解説

経営業務の管理責任者(常勤役員等)や専任技術者には常勤性が求められています。 では、これらの者がテレワークをすることは可能なのでしょうか。 この記事では、経営業務の管理責任者・専任技術者がテレワークをする際の注意点を解説 […]

続きを読む
建設業
【取り扱うことのできる事件とは?】建設工事紛争審査会について解説

建設工事の請負契約における紛争は、技術的な事項を多く含むことなどから、解決が容易でない場合が多くあります。 このような紛争の解決を図るため、建設工事紛争審査会が設置されています。 この記事では、建設工事紛争審査会の概要に […]

続きを読む